有機野菜にこだわるならビオ・マルシェがおすすめ!

有機野菜にこだわる人におすすめ 「ビオ・マルシェ」

 

ビオ・マルシェは、
届けられる野菜が有機野菜100%という、
とてもこだわりを持った食材宅配サービスです。

 

ビオ・マルシェの気になる方は公式サイトをチェック⇒有機野菜の宅配 ビオ・マルシェ

 

ビオ・マルシェ以外でも、
有機野菜や無農薬野菜などを売りにしている宅配サービスはありますが、
有機野菜の取扱いが100%というところはなく、
独自の基準を設けていて、
その範囲内で生産された野菜を扱っている場合がほとんどなのです。
(独自の基準もレベルが高く、完全で美味しい野菜ですが。。。)

 

ビオ・マルシェはそれだけ、
有機野菜にこだわりを持っている宅配サービスなんです!

 

ですので、
「私は、有機野菜を食べたい!!」という方には、
ビオ・マルシェをおすすめなんです!

 

また、
ビオ・マルシェは京阪ホールディングス株式会社の100%出資会社で、
関西圏の方々であれば馴染みの深い京阪電鉄系列の会社ですので、
経営という面でも安心できる会社だと思います。

 

 

ビオ・マルシェの最大の特徴は、
扱っている野菜が有機JASの認定を取得している「ホンモノの有機野菜」ということで、
農薬や化学肥料などに頼らず、
手間暇掛けて育てている野菜を扱っているため、
価格がどうしても高めになったり、
形状がいびつだったり、まばらだったりしますが、
その味と良さと安全性の高さは素晴らしいものがあります。

有機JAS規格とは

では、
「有機JAS規格」とはどのようなモノなのでしょうか?

 

有機JAS規格とは、

  1. 化学的に作られた農薬や化学肥料を使用しない。
  2. 作物を育てる2年以上前から、使用禁止となっている肥料や農薬を使用しない。
  3. 遺伝子組み換えの種や苗は使用しない。
  4. トレーサビリティ(生産から出荷までの記録)が明確になっていること。

という以上のことを満足している生産者が名乗ることのできる名称で、
農林水産省が認定する規格だそうです。

 

一昔前の日本では、
有機野菜無農薬野菜オーガニック野菜などといった文言に対して、
しっかりした基準がなく、
各生産者や食品メーカーがある意味勝手に使用していた部分があり、
「有機野菜」などといったワードに対して、
あまり信頼性のあるものではありませんでした。

 

「それではいけない!」ということとなり、
農林水産省が有機JAS規格を決め、
その規格を満たして認定された事業者のみが「有機JASマーク」を貼ることができるようになりました。

 

この「有機JASマーク」がない農産物や農産物加工品に対して、
「有機」とか「オーガニック」などといった文言を付けて販売するのは法律で禁止されていますので、
「有機JASマーク」があれば、
国からのお墨付きをいただいた安心・安全な食材ですので、
安心して購入出来るんです。

 

万が一、
生産から流通の過程でJAS規格に合致しない事柄が起こった場合、
有機JASマークや“有機○○”といった名称を付けることができなくなり、
取り除く必要が発生します。

 

もし違反をして有機JASマークや有機○○といった名称を使用していた場合は、
懲役や罰金刑など、
重い処罰が科せられます。

 

最寄りのスーパーなどで安心・安全な食材を購入したいと思うのであれば、
この有機JASマークがついているのかどうかを確認してみましょう!

 

 

▼有機JASマークとは、こんなマークです。▼

(マークをクリックすると詳細を説明したサイトを閲覧できます。)

 

 

有機野菜は安全で美味しい!


有機野菜は、価格が高価で、形がいびつで、且つ不揃いだったりするのですが、なぜ人気があるのでしょうか?

 

それは、食材の安全性とその味の良さにありのだと思います。

 

まずは安全性についてですが、有機野菜は、農薬や化学肥料を2年以上使用していない畑で栽培し、栽培している間は、農薬や化学肥料の不使用は勿論のこと、他の畑などから飛散してこないようにしたり、収穫や輸送などのときに他の野菜と混じらないように、きちんとした管理体制を整えたりされていて、とても安全性の高い野菜となっています。

 

次に野菜の美味しさについてですが、
有機野菜の方が栄養素が豊富であると報告されていて、
逆に野菜独特のえぐみや苦みが少ないといわれています。

 

有機野菜を食べた人の口コミなどを観てみると、
「いままで食べた野菜とは甘みや旨みなどが違う。」
という口コミをよく目にします。

 

これは、
栽培するときに使用する土や肥料に関係しているらしく、
野菜が成長するときに吸収する養分の違いが味の違いとなるそうです。

 

 

多少価格が高くても、
形状が不揃いで形が悪くても、
安全で、且つ美味しいので、
多くの人から支持を得られているようです。

ビオ・マルシェをご利用のお客様はどんな人?

ビオ・マルシェをご利用のお客様は、

  • 妊娠されている方や離乳食を食べている小さなお子さまをお育ての方
  • 健康のために野菜をしっかり食べたいという方
  • スロージューサーを利用して野菜ジュースを造られたり、スムージーなどを利用される方
  • アトピーなどのアレルギーなどをお持ちの方
  • 買い物へ出掛けることが大変な方

などなど、
いろいろな理由でご利用になっているようです。

 

ビオ・マルシェは、
野菜や果物の安全性は勿論のこと、
加工食品に関してもハイレベルな安全基準を満たした商品で、
取扱商品の6割以上が有機JASの認定を受けた食材を利用しています。

 

 

ビオ・マルシェの気になる方は、
まず公式サイトをチェックしていただき、
その内容が気に入ったのであれば、
「お試しセット」を注文してみて下さい。

 

お試しセットの内容は、
食材が八品目入っていて、
料金は1,500円(税別)ととってもお得な価格でお取り寄せできます。

 

更に送料は無料です!

 

まずはこの「お試しセット」を試してもらい、
その食材の良さを体験してみて下さい。

 

 

▼お試しセットが気になる方は、こちらをクリック!▼

有機農業を応援しましょう♪

国内に占める有機農家の割合は、
有機JAS認定の農家は0.2%程度、
有機JASの認定外の農家は0.3%程度と、
合計しても約0.5%ほどしかないそうです。

 

他の国と比較すると、
例えばEUですと、

  • イタリア:8.6%
  • ドイツ :6.1%
  • イギリス:4.0%
  • フランス:3.6%

といった感じで、
日本よりも有機農業のシェアが高くなっています。

 

北米では、

  • カナダ :1.2%
  • アメリカ:0.6%

となっていて、
アメリカよりも日本は低い状態です。

 

アジアで比較すると、

  • 韓国:1.0%
  • 中国:0.4%
  • 日本:0.2%

となっていて、
アジアの中でも遅れを取っているのが現状だそうです。
(⇒農林水産省 有機農業の推進に関する現状と課題 参照)

 

 

ビオ・マルシェのように、
有機野菜を取り扱っている業者から有機農産物を取り寄せることで、
有機農家を応援することとなり、
有機農家の数を増やすことにもつながります。

 

有機野菜に興味があったけど、
なかなか手に入れることができなかったという方は、
この機会に是非、
ビオ・マルシェを利用して有機野菜を手に入れましょう♪

 

 

page top