残留農薬除去ランキング

下ごしらえで残留農薬を除去

普通にスーパーで購入してきた野菜や果物などの食材の残留農薬を除去して、
安心して食べる方法は無いのでしょうか?

 

料理の下ごしらえのとき、
ちょっと意識して取り組めば、
それなりに残留農薬を除去することができるんです♪

 

 

 

 

しっかり洗おう!

まずは、
食材を洗って残留農薬を落とす方法です。

 

大抵の方は、
野菜や果物などの食材は、料理に使う前に洗うと思うのですが、
その洗い方をちょっと意識して洗うだけで、残留農薬を落とすことができます。

 

 

 

泥などがついておらず、
見た目がキレイだからといってそのまま使うのはダメですよ♪

 

農薬には、
水溶性のモノと油溶性のモノがあり、
水溶性のモノであれば、食材の表面を流水でしっかり流せばそれなりに除去できますが、
油溶性のモノは水に強いので、水で流すだけでは落ちません。

 

スポンジなど、柔らかい素材を使って擦り洗いをすれば、農薬の除去量が多くなります。

 

 

いつもよりもしっかり食材を洗うことで、残留農薬を除去することができます。

 

 

ですが、、、
これだけでは落とせない農薬やワックスなどが食材に付着しています。

 

そこで、
もうひと手間加えて、
ランキングで紹介しているような残留農薬除去用商品を使用すれば、
水洗いだけでは落ちなかった農薬やワックスなどをしっかりと洗い流すことができます!!

 

商品によっては、
使うのに手間や時間がかかってしまうものがあり、
毎回使うのは大変!ってことになってしまうかも知れませんが、
ベジセーフなら、
水洗いする前に専用スプレーボトルでスプレーするだけなので、
毎回使うのが面倒ではありません♪

 

 

よって、
おすすめする残留農薬除去方法は、
『ベジセーフ+水洗い』の組み合わせだと考えます。

 

 

 

 

ゆでこぼしをしよう!

次の方法は、ゆでこぼしです。

 

 

 

ゆでこぼしとは、
食材をサッと下ゆでし、そのゆで汁は捨てることです。

 

加熱調理する食材の場合は、
先に下ゆでしてゆで汁を捨てることで、
水溶性の農薬や殺菌剤などは除去率が結構高いと言われています。

 

たとえばほうれん草は、
30秒ほどゆでるだけで40〜90%程度除去できたとされています。

 

加熱調理に使う食材なら、
ゆでこぼしを利用して残留農薬を除去しましょう。

 

 

ただし、
ゆでこぼしは使えない場合(サラダや炒め物など)がありますので、
そのときには残留農薬除去用商品と水洗いで対応しましょう♪

 

 

 

 

皮を剥こう!

次の方法は、
食材の皮を剥いたり、葉を1枚取る方法です。

 

 

 

リンゴなどの皮を剥ける食材や、キャベツなどの葉を取ることができる食材は、
表面を剥いたり取ったりして捨ててしまいましょう。

 

キャベツは1枚取って捨てると約1/3以下に残留農薬が減ったとされています。

 

果物だと皮を剥くことで90%程度残留農薬が減ったという実験の結果もあるそうです。

 

皮を剥いてしまうことで、
食材の栄養豊富な部分を捨ててしまうことにもなりますが、
残留農薬が気になる方は、この方法を用いると安全な食材を手に入れられます。

 

 

この方法が使えない場合、
例えば、
皮を剥けない、葉を取ることができない食材(トマトやキュウリなど)の場合は、
食材を洗うときにベジセーフなどの商品を使用して洗うことをおすすめします。

 

 

いままで以上に食材の下処理をしっかり行うことで、
残留農薬はかなりの量を除去することができます。

 

 

食材選びのポイント

食材の選び方のポイントは、まずは旬のものを選ぶことです。

 

旬のものであれば、
その気候にあった農作物ということで、
農薬の使用量が少なくても育つ傾向があるそうです。

 

また、
産地や生産者が表記されているモノであれば、
品質管理もしっかりしていると見ることができます。

 

それから、
パック詰めの食材よりも棚などにバラで積まれている食材の方が鮮度が高く、
旬である可能性が高いので、
栽培中に使用されている農薬量が少ない傾向があるそうです。

 

 

 

食材の見た目にだまされず、
ちょっと手間にはなりますがしっかりと下処理を行えば、
残留農薬を減らすことができます。

 

 

ですが、
このような下ごしらえに時間をかけることができない人や
しっかりと残留農薬を除去したい人は、
「残留農薬除去ランキング」でご紹介しているような商品をうまく活用して、
手早く簡単に安心・安全な食材を手に入れましょう!!